強い欲求による転職のすすめ

 あなたは今の会社での状況に満足していますか。おそらく満足していると言える方はなかなかいないことでしょう。この状況を打破するために、いろいろと考える中で、ふと転職という言葉を思いついたりします。しかしながら、転職は容易にできるものではありません。


 転職は大きな決断になりますから、しっかりとした覚悟を決めなくてはいけません。ここで大事になるのは客観的な自己分析です。

 

 まず現在の仕事において、自分が満足していないことはどのようなことなのか考えてみてください。満足していないことを今後絶対に満足させたいものなのか、それとも現状で我慢していて差し支えないものなのかに分類してください。そして絶対に満足させたいものを突き詰めていったときに、必要に応じては転職を求められるようになります。

 

 なぜこのような分析・分類をしたかですが、満足させたい気持ちは、人間の本質的欲求であります。これは人間のあらゆる欲求の中でも強い方の欲求になります。欲求が強ければ強いほど、人はそれを満たそうと本気になって努力します。ただ何となくの転職よりは、はっきりした欲求による転職のほうが圧倒的に成功率は高いはずです。

 

 このように転職は、それを決意するまでの動機付けが非常に重要なウエイトを占めていると言えます。強い欲求で行った転職は、その後の人生の成功も約束してくれるのではないでしょうか。