職務経歴書は手書きするべきか?

 履歴書を作成する場合、手書きが原則だとされています。昔から文字はその人となりを表すものとされており、人物像を推し量ることができるからです。そういった理由で以前は職務経歴書も手書きが良いとされてきました。しかし、最近はその流れも変わりつつあります。


 結論から言うと、職務経歴書の作成はパソコンで行いプリントアウトする方式が一般的になりつつあります。手書きによる人物評価は履歴書でも行えるため、パソコンを操作する能力やレイアウトのセンスなどを職務経歴書でみることができるからです。また、採用担当者は大量の書類に目を通すため、やはり手書きよりも印刷された字のほうが読みやすいという事情もあります。

 

 ただ、手書きを指定してくる企業もあるため、指定があればきちんとそれに従いましょう。その他にも、事務職などは文字の美しさを採用の基準にしているところが多いため、手書きのほうが高評価を得られることがあります。また、文字のきれいさに自信があるならば、あえて手書きで職務経歴書を作成するというのもひとつの方法です。要は読みやすければいいわけで、印字された大量の応募書類の中で、きれいな手書きの職務経歴書があれば採用担当者の目を引くことも出来るでしょう。

 

 さらに、自分の字に自信がない方でも手書きと印字の両方のメリットを生かせる方法があります。名前の部分だけを手書きにするという方法で、読みやすさをキープしつつ、手書きの署名を添えることで文章全体へのイメージを和らげることができます。